相続相談後の手続はどうなるの?

遺産相続、誰に相談すればいいの?

相続相談後の手続はどうなるの?

遺産相続の相談には、各種相談窓口があるわけですが、ここで相談をした後、実際の相続手続はどうなるのか、気になる方もおられますよね。
これは各窓口の種類によって変わりますが、希望すれば手続の代行を頼めることもあります。

そのまま代行を頼めるのは、弁護士や税理士など、特に遺産相続の相談先とされやすい専門家に相談した場合です。
ここでは手続きの代行もプランとして用意されていますから、それを選べば、アナタが相談のときに伝えた状況に沿って、以降の手続を進めてもらえます。
遺産相続も専門的な手続きになり、慣れていないと難しいこともありますから、代行を頼むのもいいでしょう。
特に日頃仕事で忙しく、手続の流れがわかっても実行は難しい方には、このような代行がオススメです。
また、相続人同士で感情的な対立があり、当人同士で顔をあわせると、まとまる話もまとまらなくなるケースにも、弁護士を代理人として手続を代行してもらうのがオススメですね。
このように、選ぶ窓口によっては相談後、そのまま手続を丸投げできることもあります。
それだけ費用はかかりますが、その点さえ問題ないなら、手続の依頼も含めて相談窓口を選ぶといいでしょう。

注意したいのは、あくまでアドバイスに留まるだけの相談窓口です。
たとえば、市町村が設けている相談窓口ですね。
ここはあくまで簡単な相談を受け付けているだけです。
相談内容に応じて適切な回答を返してはくれますが、その代行まではさすがにやってもらえません。
その代わり費用が無料になることが多いのが利点ですが、手続の代行までを希望している方は、このような窓口は選ばないことをオススメします。

以上のように、以降の手続きまで含め、相談窓口を選ぶのもいいでしょう。

遺産相続、誰に相談すればいいの?新着情報