相続相談にかかる費用

遺産相続、誰に相談すればいいの?

相続相談にかかる費用

遺産相続には各専門家への相談ができますが、これら相談や、そこから正式に手続き代行などを依頼した場合、費用は有料となります。
これら費用のことは計算の上で相談するのをお忘れなく。
具体的にどれくらいの費用がかかるかは、一概には言えないところがありますので、具体例をいくつかご紹介しましょう。

まずは、ある弁護士事務所での例です。
まずは「相談料」として、30分あたり5000円。
初回のみは無料となりますが、基本的には相談だけでも有料です。
相続の対象となる遺産の調査を頼めば、「5万円~」となっています。
遺産相続のための協議書を作成してもらえば、これは「10万円~」となります。
協議書とは、遺産相続の手続きのためにほぼ必要となる基本書類です。
特にトラブルもなく、事務的な手続きだけで相続が終わる場合でも、これだけの合計費用がかかります。
これ以外のサポートを頼むと、さらに費用も増えます。

弁護士への依頼が多いのは、相続人同士で遺産分割の意見が割れており、対立しているときです。
これを収めてもらうため、間に入って調停や訴訟をしてもらうと、着手金として30万円、その他成功報酬なども必要です。

このように弁護士は基本的な相続手続きの代行から、親族同士のトラブルの調停なども依頼できて大変便利ですが、費用は細かく決まっています。
依頼内容が増えるほど、費用も増える形になるでしょう。
依頼に応じて見積りも出してもらえますが、もっとわかりやすい費用のシステムがよければ、相続額に応じて費用が決まるタイプを探すといいかもしれません。
たとえば、ある総合サポートサービスでは、相続資産の総額に応じて自動的に報酬が決まるシステムになっています。

このようにケースは様々ですが、相談やサポートは総じて有料です。
事前の確認をお忘れなく。

遺産相続、誰に相談すればいいの?新着情報