不動産専門の相続相談とは

遺産相続、誰に相談すればいいの?

不動産専門の相続相談とは

相続する資産がほぼすべて不動産という場合、不動産は一般的な資産よりも価値の評価や扱いが特殊でわかりづらいですから、相続の相談も専門の相手にしたいと思いますよね。
遺産相続絡みの不動産の相談も、専門家がいます。
たとえば、不動産鑑定士などですね。
一般人やその他の専門家には難しい不動産の価値を評定してくれます。
この価値に応じて相続税の金額が変わることもありますから、不動産の価値が重要なときは相談してみるといいでしょう。

また、不動産コンサルタントという専門家もいます。
不動産の運営をアドバイスしてくれる専門家ですね。
相続した不動産を持ち続けるのがいいのか、それとも売却した方がお得かといった問題は、この専門家に相談するといいでしょう。
不動産を持ち続けるときの運用方法や、売却するときの方法などもアドバイスしてもらえますので、これまで不動産を扱ったことがない一般の方でも、不動産の相続を難なく乗り越えられますよ。
このように、不動産の専門家もいますので、相続が問題になったときは相談するといいでしょう。

これら不動産の名がつく専門家の他、不動産専門ではなくなりますが、「司法書士」も不動産ばかりの遺産相続時には相談するといい相手です。
不動産には「登記」が付き物だからですね。
登記とは、簡単に言えばその不動産が誰の持ち物なのか、公的にされている記録のこと。
登記の名前と実際の所有者が食い違っていると、不都合もあります。
登記者の都合で不動産が勝手に売却されたり、逆に売却したいのに登記者の同意が得られずに売却できなかったりといったことです。
この登記の変更は司法書士にしかできません。
登記の調査や名義変更の必要性などを相談するため、不動産専門の相談相手として司法書士も覚えておくといいでしょう。

遺産相続、誰に相談すればいいの?新着情報