税理士への相続相談とは

遺産相続、誰に相談すればいいの?

税理士への相続相談とは

遺産相続の相談は、税理士にもできます。
遺産調査や基本的な関係書類の作成もできますので、遺産相続のサポートを受けたいとき、身近に親しい税理士がいれば、相談するのもいいでしょう。
それ以外で税理士が相談窓口に選ばれるのは、やはり「税金」が理由となることが多いですね。
相続には税金が絡む場合が多々あります。
相続税を払ったことはなくても、聞いたことのある方は多いでしょう。
相続税とは、遺産相続によって得た資産に対して課される税金のこと。
これの計算や、節税対策なら、税理士が相談相手として適任です。

相続税の計算等を相談した方がいいのは、相続資産の総額が大きいときです。
相続税は、所得税などと同じく、無課税ゾーンがあります。
基礎控除として3000万円は無課税となりますので、相続資産が3000万円を下回っているときは、相続税の心配は要りません。
実際には、ほとんどの方が相続税の対象にならないと言われています。
心配なときは、一応税務署に問い合わせるといいでしょう。
3000万円を超える資産を持っており、それが相続資産になっているときは、相続税の対象となる可能性が高いです。
このとき、税額の計算方法や納税方法がわからなければ、税理士へ相談するのがオススメとなるわけです。

また、税理士によっては節税の方法に詳しい場合もあります。
節税とは、合法の範囲内で、もっとも課税額が少なくなるように計算すること。
相続税の節税や、相続後の資産運用での節税などを詳しく相談したいときも、オススメなのは税理士です。
こればかりは他の専門家や窓口では対応できないことが多いので、税金関係のことは税理士と覚えておきましょう。

遺産相続、誰に相談すればいいの?新着情報