弁護士への相談とは

遺産相続、誰に相談すればいいの?

弁護士への相談とは

遺産相続の相談は、弁護士へもできます。
特に揉め事が起きていないときでも弁護士へ相談の上、遺産相続問題に当たっても構いません。
弁護士でも相続調査や、法定相続人の間で遺産の分割を決める協議書の作成はできます。

ただ、弁護士へ相談されるときは、どちらかと言えば「トラブル」が伴うケースが多いですね。
たとえば、「遺産の分割を巡って親族同士が対立している」といったケース。
遺産の相続人は血縁関係で自動的に決まることが多く、故人や親族同士の親密度とは関係ありません。
そのため、金銭や資産が絡む遺産相続では、少しでも資産価値の高い資産を巡り、親族同士で対立するのもよくある話です。
そのとき、いつまでも揉めていては遺産相続もまとまりません。
そのときに間を取り持ち、なおかつ法知識も豊富に持っている弁護士は、これらトラブル解決を頼む専門家として最適です。
遺産を調査し、対立している親族同士で調停を行なってくれます。

「本当に大丈夫?」と不安になるかもしれませんが、弁護士は交渉のプロでもあります。
消費者金融との過払い金返還請求や、借金が返せなくなったときの借金減額交渉など、金銭も絡む難しい交渉も普段から請け負っています。
親族同士で資産を巡り対立しているときでも、うまく交渉をまとめてくれることが多いです。
これらのことから、その他「遺言の内容に不満がある」というケースでも弁護士が頼られることもありますね。

いずれにせよ、遺産相続になにかトラブルが発生しそうなら、弁護士への相談がオススメです。
すでにトラブルが発生した後からでも請け負ってもらえることもあるので、困ったことがあれば相談するといいでしょう。

遺産相続、誰に相談すればいいの?新着情報