相続相談の窓口の種類

遺産相続、誰に相談すればいいの?

相続相談の窓口の種類

遺産相続について相談できる窓口は、たくさんの種類があります。
法律が絡む手続きですので、法律関係の手続きに強い専門家や組織が窓口になることが多いですね。
また、法律の専門家ではなくとも、普段から市民生活をサポートしている専門家や窓口も、遺産相続についての相談を受け付けている場合もあります。
これらのどこに相談しても、ごく基本的なことなら解決するでしょう。

たとえば、遺産相続の手続きの流れについて。
遺産相続はまず死亡届の提出を始め、身内に死亡者が出たときの対応から始まります。
葬儀なども終われば、そこから法律の規定に沿って法定相続人を決定し…と、一定の流れがあります。
これらには法律の規定がありますので、個人の意思で勝手には決められませんし、日数の期限もあります。
ですから、相続問題に詳しい方でなく、これまで相続の経験もない方など、一体どんな手続きが必要なのか、想像もつかないのが普通ですよね。
これら基本的な流れを確認したいだけなら、各相談窓口のどこに行っても解決することが多いですね。

遺産相続で特に大きな問題もなく、これから起こる確率も低いと思うなら、厳格に相談窓口を選ぶ必要はありません。
ですが、そうではない方は、窓口の種類を知っておいた方が便利ですよ。
たとえば、行政書士の事務所でも相続の相談をできることがありますが、ここで「法定相続人同士が遺産相続を巡って対立している」といった相談をしても、有効な回答を得られる保証はありません。
そのような問題に特に強い窓口がありますので、遺産相続を巡る遺族同士のトラブルは、そちらに相談するのがいいでしょう。

このように、窓口に応じて向き不向きはあります。
これらを知っておくと、相談窓口をなお活用できますよ。

遺産相続、誰に相談すればいいの?新着情報